【ポケカ】ポケカトレーナーズオススメ10選まとめ【2022年 D~Fレギュ対応版】

ポケモンカード

・ポケカ歴26年の旧裏世代
・2023シティリーグベスト8(32名規模)
・365日Twitterでポケカネタ投稿中(最高1,300いいね!)
・Xフォロワー数5,300人
・当ポケカブログで200記事執筆
・Youtubeチャンネル登録者1,100名
(チャンネル登録お願いします)

ポケカ好きな方は、ぜひブックマーク登録
していただけると幸いです。

YouTubeのチャンネル登録、
Twitterフォロー
公式LINE(新規&更新情報、ここだけの話)
もよろしくお願いします。

ニコタをフォローする
ニコタ
ニコタ

皆さん、ポケカライフを

満喫していますか?

今回は、

「【ポケカ】ポケカトレーナーズオススメ10選まとめ【2022年 D~Fレギュ対応版】」

というテーマで、詳しくやさしく


解説していきますね。

この記事を読んで頂く事で、

ポケ田
ポケ田

「デッキ構築しているんだけど、絶対に
入れておくカードって何があるんかなぁ?」

ポケ子
ポケ子

トレーナーズのおすすめカード知りたい!

とお悩みの方が、スムーズに構築が


できるヒントをご紹介しております。

筆者のニコタが様々なデッキを構築


していく中で必須のカードを厳選しました。

その実体験での注意事項を踏まえながら


解説をしていきますね。

詳細については、記事本文の中で


取り上げていきますね。

一部の特殊な構築を除くと、ここでご紹介するカードは


構築にほぼ必須と考えて頂いて良いです。

もはやインフラと位置づけしています。

それでは順番にご紹介していきますね。

☑本記事の信頼性

    管理人ニコタ
  • ポケカ旧裏世代
  • ジムバトル優勝経験有
  • 毎日Twitterでポケカネタ投稿中
  • 当ポケカブログで50記事以上執筆
  • ブログ記事を継続して執筆中
  • 毎日ポケ活中

スポンサーリンク

博士の研究

効果:手札を全部捨てて7枚ドローします。

  • メリット:山札から「7枚」と多くのカードをドロー
  • デメリット:手札にある必要なカードを捨ててしまう

ドロー系サポートの中では最優先に採用したいカード。


デッキを回していく上での潤滑油のような存在ですね。

特殊な構築で無ければ、博士の研究を


4枚フル採用することを推奨します。

理由は、デッキの「事故率」を下げるためです。

例えば、最初の手札7枚を引いたときに、


メイン以外のポケモン(クロバットV)などがきて、


あとはエネルギーや進化ポケ等で盤面が


非常に苦しいときに博士の研究を使うことで、


必要なたねポケモンや他のトレーナカードを


引きにいけます。


メリットをフルに活かしたいですね。

デメリットとしては、


手札を全て捨てることです。


盤面を作る上で必要なカードをトラッシュしてしまう


リスクがありますが、このデメリットをケアする動き


ができるカードがあります。

例えば、エネルギーがトラッシュされたときに、


とくせいやグッズで回収ができる動きが強い


ですよね。

「ガラルファイヤー」→悪エネ回収
「モココ」       →雷エネ回収
「メタルソーサー」 →鋼エネ回収

こちらの採用も検討してみると良いですよ。

因みにですが、博士の研究のカードは


イラスト違い(名前違い)のカードが多数


出ておりますので、お気に入りの博士


を採用すると、気分も高まりますよ♪

マリィ

ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX】マリィ 017/019 - マナソース

効果:お互いの手札をシャッフルし、山札の一番下に置く。
    その後、自分は山札5枚ドロー
    相手は山札4枚ドロー 

  • メリット:相手の手札に干渉できる
  • デメリット:(博士より)ドロー枚数が少ない

博士の研究と同じく、あらゆるデッキに必須の


ドローサポート枠です。


3~4枚採用を狙いたいところですね。

 メリット:相手の手札に干渉できる

Cレギュまでは「リセットスタンプ」という


相手の手札に干渉し、事故らせるカードがありましたが、


D~Fレギュ環境では使用不可となります。

リセットスタンプ

そこで、類似の効果を持つマリィの採用


は恐らく増えてくるでしょう。

相手の手札が1~2枚と少ない場合は、


逆に相手の手札を増やすことになるので、


使いどころは見極めが必要ですね。

デメリット:(博士より)ドロー枚数が少ない

博士は7枚ドローでしたが、マリィは


5枚ドローと2枚少ないです。


盤面によっては要求札が多く、5枚では物足りない!


という場面も出てくるでしょう。


デッキを構築する際は、博士の採用と合わせて


枚数を検討しましょう。

クイックボール


効果:手札を1枚捨て、山札のたねポケモン
    を手札に加える。

  • メリット:たねポケモンをサーチ
  • デメリット:手札を1枚捨てる

 

これもデッキに必須のカードですね。

主軸となるたねポケモン、次の番に進化したい


ポケモンをベンチに置きたいときに

迷わず使うカードです。

 メリット:たねポケモンをサーチ

Vポケモン含むたねポケモンを山札からサーチできます。


盤面によって使い分けできるところがえらいですね。

主軸(はくばバドレックスやザシアン等)がいなければ、


そのポケモンをサーチできますし、

手札を補充したければ


クロバットをサーチと柔軟に使用できます。

採用枠に余裕があれば、4枚採用

することを推奨します!


一人回しで微調整してみましょう。

デメリット:手札を1枚捨てる

便利な反面、手札を1枚捨てるというコストが発生します。


サイド落ちしている事も考慮して、捨てるカードは


選びましょう。

デメリットをメリットにする手段としては、博士の研究等と


同じく、トラッシュにあるカードを回収できるカードとの


相性が良いです。

また、2ターン目以降のバトルVIPパスなどのいわゆる


「腐った(その対戦では使用期限の切れた)カード」を


優先的にコストとしていきましょう。

バトルVIPパス

しんかのおこう

しんかのおこうの効果と評価、相性のいいカードを解説 ...


効果:山札から進化ポケモンを1枚手札に加える

  • メリット:リスクなしで進化ポケモンを持ってこれる
  • デメリット:たねポケモンは対象外

クイックボールと合わせて採用を


したいカードですね。


進化ポケモンの枚数に応じて


採用枚数を調整しましょう。

2~3枚採用するのがスタンダードかと思います。

他のドロー、サーチ系のカードでカバーするという


のも一つの手段ですね。

 メリット:リスクなしで進化ポケモンを持ってこれる

序盤に手札に入っていると安心するカードですね。


クイックボールみたいにリスクを払うことなく、


進化ポケモンを持ってこれます。

デメリット:たねポケモンは不可


サーチできるのが進化ポケモン限定となります。


たねポケも進化ポケも欲しい!という場合は、


この次にご紹介するハイパーボールの採用


を検討しましょう。

デメリットを活かす小ワザとして、あえて


「使わない進化カードをサーチし、そのカード


をクイボやハイパーボール等のコストにする


というワザがあります。

なぜこれが有効かというと、おこうを経由した方


が山札が一枚減る、俗にいう


「山札圧縮」


ができます。

これを使うと何が良いのかというと、山札にある


引きたいカードを引く確率が若干上がります。

このテクニックは終盤になればなるほど


効果が大きいです。

なぜなら、終盤は山札の枚数が減ってくるため、


欲しいカードを引く確率が相対的に


上がってくるからです。

ハイパーボール(Fレギュより使用可!)


効果:手札を2枚捨て、山札から好きな
  ポケモンを1枚手札に加える

  • メリット:あらゆる場面で活躍する
  • デメリット:手札を2枚捨てる

 

Fレギュより再採用となった注目カードですね。


ポケモン通信がCレギュ落ちで使用不可


となるため、
その代わりに採用することになります。

クイックボールを、ハイリスクハイリターン


にしたというイメージです。

 メリット:あらゆる場面で活躍する


たねポケモンも進化ポケモンどちらでも


持ってこれる強力な効果を持っています。

序盤に手札にあれば、盤面を作るのに


安定性が増しますね。

デッキタイプにもよりますが2枚は
採用したいカードです。

デメリット:手札を2枚捨てる
強力な効果を持っている分、コストも
大きいです。
手札を2枚捨てるというのがデメリットです。

これを活かすのは、クイックボールと同じく
回収手段がある構築です。

また、V-unionやいちげき/れんげきマスタード、ゲノセクトV
(フュージョンシステム)、クロバットVなどとも相性は
良いですね。

ゲノセクトV

関連記事:【ポケカ】鋼タイプのおすすめポケモンまとめ

マスタード いちげきのかた

関連記事:【ポケカ】トレーナーズサポートおすすめまとめ 

クロバットV

デッキ構築によって、採用する枚数は
検討してみましょう。

レベルボール


効果:HP90以下のポケモンを1枚手札に加える

 メリット:ノーコストで使用できる
デメリット:HP100以上のポケモンは対象外

 メリット:ノーコストで使用できる

HP90以下のポケモンであれば何でもサーチできます。

活用例としては、

メッソン-ジメレオン
メリープ-モココ
ユキハミ-モスノウ

ジメレオン
モココ
モスノウ

の進化ラインが入っていれば
採用を検討しましょう。

特にうらこうさくラインには相性が良く、

メッソン
→レベルボール
→ジメレオンサーチ
→ジメレオン進化
→特性うらこうさく
→レベルボール
→ジメレオンサーチ
→ジメレオン進化
→特性うらこうさく
→しんかのおこう
→Vmaxをサーチ…

と一気に盤面を展開していくことが
きますね!

関連記事:うらこうさくライン対策記事リンク

現環境は、2ターン目には

・Vmax/VSTAR進化
・高火力で相手を殴る(はくばの場合:打点250)

関連記事:【ポケカ】パルキアデッキおすすめまとめ【ポケカ/デッキ構築】

このような動きを安定してとれるデッキが


強く、うらこうさくラインはこの再現性が


高いポケモンとして、様々なデッキに


採用されています。

デメリット:HP100以上のポケモンは対象外

デメリットとしては、HPの縛りがあるため、
VやVmaxのポケモンはサーチができません。

そのため、先ほどのようにうらこうさくラインを
経由してサーチするか、別のグッズを使用
することが求められます。

ポケモンサーチ系グッズまとめ

今までにご紹介したポケモンサーチ系グッズは、
デッキ構築の際にセットで検討してみましょう。

下のリストに、ポケモンサーチ系グッズをまとめますね。

名前サーチできるカード必要コスト
クイックボールたね全て手札1枚捨てる
しんかのおこうしんか全てなし
ハイパーボールポケモン全て 手札2枚捨てる
レベルボールHP90以下のポケモンなし

関連記事:ポケカグッズおすすめ一覧まとめ【2022年最新版】

デッキを構築したときの、

  • たねポケモン
  • 進化ポケモン
  • Vポケモン
  • HP90以下のポケモン

これらのカードの割合から、


採用枚数を検討していきましょう。


この他にもスーパーボールや


モンスターボールがありますね。

スーパーボール
モンスターボール

必要に応じて採用候補にしましょう。

ワンパチが面白い特性を持っているのでご紹介しておきます。

ワンパチ

ポケモンいれかえ


効果:自分のバトル場とベンチポケモンを入れ替える。

バトル場のポケモンを逃がしたいけど、
逃げエネコストが重く逃げられないときなどに
重宝する「入れ替え札」の必須カードですね。

 メリット:ボスの指令の返しに重宝する。
デメリット:相手のポケモンには干渉しない。

 メリット:ボスの指令の返しに重宝する。

相手が時間稼ぎで逃げエネの重いポケモン
を入れ替えたとき、返しとして使用します。

また、ザシアンVなどのワザで

「次の自分の番、このポケモンは
このワザを使うことができない」

ザシアンV

こんな状態のアタッカーを一旦入れ替えて、
入れ替えたポケモンをふうせんの効果等で
逃げると、先ほどの効果は消えるため
(ベンチに下がった時点で効果は消える)
再度ワザを使うことができます。

「じゃ2回逃げてもいいじゃないか!」
という声が聞こえてきそうですが、
これはポケカのルールに違反します。

「自分の番にポケモンを
入れ替えられるのは1回のみ」

という縛りがあることを覚えておきましょうね。

デメリット:相手のポケモンには干渉しない。

入れ替えるのは自分の場のポケモンのみに
なります。

相手と自分のポケモン両方を
入れ替えることをpしたければ、
「あなぬけのヒモ」の採用を検討
しましょう。

あなぬけのヒモ

どちらを採用するかは、構築次第にはなるのですが、
あなぬけのヒモの方がハイリスクハイリターンです。

なぜなら、あなぬけのヒモは
相手のアタッカーを倒したいのに、わざわざ
ベンチに下げさせることになるため、使いどころ
が難しいです。

ボスの指令


ボスの指令(アカギ)

効果:相手のバトル場とベンチポケモンを入れ替える。

中盤~終盤に猛威を振るう汎用切り札カードですね。


最低2枚は採用したいカードです。

 メリット:殴り損ねたポケモンを再度殴ることができる。
デメリット:サポート枠のため、場面によっては腐る

 メリット:殴り損ねたポケモンを再度殴ることができる。

Vmaxにダメージを与えたものの、ワンパンできなかった


場合、相手は別のアタッカーと入れ替える手段を


とることが多いですよね。(はくば→スイクンのように)

ここでボスの指令を使うことで、Vmaxを


きぜつさせ、相手のプランを崩すことができます。

また、時間を稼ぎたいときには逃げエネの重い
ポケモンと入れ替える動きも強いですよね。

デメリット:サポート枠のため、場面によっては腐る

特に序盤に引いてしまうと、クイックボールの


コストになることが多いです。


また、博士の研究で捨てることも考慮すると


4枚採用することも視野に入れて良いと思います。

プレイングの上手い人は、このボスの指令の
使いどころが上手いです。

ボスの指令を使用する際は、

  • 相手を倒すのか自分が粘るのか?
  • どのポケモンを倒すのか?
  • 相手の返しに何が想定されるか?
  • サイドプランに問題は無いか?

この辺りは考慮しておきましょう。

メロン


メロン

関連記事:【ポケカ】水タイプおすすめポケモンまとめ

効果:自分のトラッシュから水エネルギー1枚を
    自分のVポケモンにつける。その後山札を3枚引く。
   

 メリット:エネ加速+ドロー
デメリット:他のサポートを併用できない

 メリット:エネ加速+ドロー

ポイントは、つけられるのは
基本「水」エネルギー
指定ですが、
つけられるポケモンはタイプ指定が
無いということです。

つまり、はくばスイクンのような水ポケメイン
のデッキにも採用は可能です。

例えば、れんげきウーラオスのデッキに採用し、
キョダイレンゲキでエネをトラッシュした後に、

れんげきウーラオスVMAX

関連記事:【ポケカ】闘タイプのおすすめポケモンまとめ

れんげきエネルギー

れんげきエネルギー+メロンでエネ加速
→再度キョダイレンゲキ

ということもできます。

そういう意味ではある程度汎用性
のあるカードですね。

デメリット:他のサポートを併用できない

デメリットは、他のサポートが使えない
ということです。

ボスの指令や博士の研究を使いたい
場面でもメロンを使うとサポート枠が
埋まってしまいます。

逆に相手からしたら、次の相手の行動を


ある程度読む事ができるので、


あえて博士の研究を使う動きも良いかも


しれません。

キバナ

キバナ【SR】{077/067} - カードラッシュ[ポケモン]


効果:【発動条件】前の相手の番に自分のポケモンが
    きぜつしていること。
    自分のトラッシュから基本エネルギー1枚を
    自分のポケモンにつける。その後山札から
    好きなカードを1枚手札に加える。
       

デッキに1枚は入れておきたい汎用サポですね。


エネ加速しつつ、山札から1毎サーチする動きは


一気に形成逆転できるポテンシャルを


持っています。

  • メリット:エネ加速しつつ山札サーチができる
  • デメリット:発動できるタイミングに注意!

 

 メリット:エネ加速しつつ山札サーチができる

エネ加速+山札サーチの効果が強く、
状況に応じてサーチするカードも変えられます。

エネが不足していればエネルギー


一気に2進化したい→ふしぎなあめ


次の番に勝負を決めたい→ボスの指令

と戦況によってサーチするカードを変え


られるところが優秀ですね。

デメリット:発動できるタイミングに注意!

発動条件として
「前の相手の番に自分のポケモンが
 きぜつしていること。」
これをクリアする必要があります。

また、トラッシュに基本エネが
あることも条件になります。

使用イメージとしては、最初に育てている


アタッカーがきぜつした次の番に使えば


ついていたエネルギーがトラッシュ


されているので、キバナ発動条件を満たす


ことができますね。

ここで注意しておきたいのは、

  • キバナを使う前にエネ回収をしないこと

です。

先にガラルファイヤーのじゃえんのつばさで


で悪エネをトラッシュから拾ってしまうと、


トラッシュに基本エネルギーが無い、という


自体になりかねません。

ガラル ファイヤーV

関連記事:【ポケカ】悪タイプのおすすめポケモンまとめ

また、キバナを採用するのであれば、


基本エネルギーの採用枚数も検討


しておきましょう。

特殊エネルギー主体のデッキであれば、


そもそもキバナを発動できる条件が


難しくなりますよね。

理想としては、基本エネルギー


主体のデッキにキバナを1枚採用する構築


が無難ですね。

【おすすめトレーナー】まとめ

今回は、おすすめトレーナーについてまとめました。

デッキには入れないよ、というカードも

その効果を知っておくと、相手が使ったときに

ポケカ初心者
ポケカ初心者

次はどういう動きをするのかな?

と予想を立てやすくなるので、ここでご紹介した

カードは覚えておくとライバルと差がつきますよ。

おすすめです。

このブログが気にいって頂けた方は、

当ブログをお気に入り登録

などして頂く事をオススメします♪

また、Twitterでも記事更新の度に
つぶやきますので、お気軽にフォロー

よろしくです♪

https://twitter.com/pokemonseisyun?t=GS9DPHX8gTmOEZDIksvDSg&s=03

youtubeも展開しておりますので、ご興味ある方は
コメント/高評価/チャンネル登録よろしくです。
(一人回し動画やコイントスのやり方動画等ありますよー♪)

活動していく上での活力の壺

それではみなさま、良きポケカライフを~♪

【ポケカ】おすすめスタジアム一覧まとめ

【ポケカ】トレーナーズサポートおすすめまとめ 

ポケカグッズおすすめ一覧まとめ【2022年最新版】

【ポケカ】VSTARおすすめポケモンまとめ

【ポケカ】かがやくポケモンおすすめ一覧まとめ

ジムバ優勝者おすすめ!ポケカ非エクデッキについて

【ポケカ】アルセウスVSTARデッキ おすすめ対策まとめ

【ポケカ】パルキアデッキおすすめまとめ【ポケカ/デッキ構築】

【ポケカ】ディアルガデッキおすすめまとめ【ポケカ/デッキ構築】

【ポケカ】ミルタンク対策(ミラクルボディ)デッキ おすすめまとめ

【ポケカ】うらこうさく/クイックシューターの使い方と対策のおすすめまとめ

【ポケカ】ルールを持つポケモンとは?ジムバ優勝者が解説

【ポケカ】耐久デッキおすすめカードまとめ【2022年最新版】

【ポケカ】LOデッキとは?おすすめカードと構築まとめ

【ポケカ】害悪デッキおすすめカード7選まとめ【2022年最新版】

【ポケカ】基本/特殊エネルギー一覧【まとめ】

【ポケカ】草タイプのおすすめポケモンまとめ 

【ポケカ】水タイプおすすめポケモンまとめ

【ポケカ】炎タイプのおすすめポケモンまとめ

【ポケカ】雷タイプのおすすめポケモンまとめ

【ポケカ】闘タイプのおすすめポケモンまとめ

【ポケカ】超タイプのおすすめポケモンまとめ

【ポケカ】無色タイプのおすすめポケモンまとめ

【ポケカ】悪タイプのおすすめポケモンまとめ

【ポケカ】鋼タイプのおすすめポケモンまとめ

【ポケカ】ドラゴンタイプのおすすめポケモンまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました